2017/10/07

珍プレー・好プレー

 子どものころ、プロ野球の「珍プレー・好プレー」番組が好きだった。シーズンごとに印象に残ったエラーや乱闘、ファインプレーなどを集めて一気に見せる。
 ほとんどのプロの選手は守備範囲にきた球は堅実にアウトにする。そうした平凡なプレーは番組ではとりあげられることはない。

 最近、日本の近代史の本を手当たり次第に読んでいるのだが、しょっちゅう「珍プレー・好プレー」番組みたいな本に出くわす。

 かくいうわたしも「珍プレー・好プレー」番組のような書き方をよくしてしまう。資料を読んでいるときも、どうしても自分好みのエピソードばかり追いかけてしまいがちだ。

 何度か書いていることだが、二十代のころ、ノンフィクションライターを目指していた。当時のわたしは、まず企画ありきで、そこから取材をはじめることが多かった。しかし、取材を積み重ねていくうちに、企画の趣旨からずれた話がどんどん出てくる。それをそのまま書くと、わかりにくい文章になり、たいていリライトかボツになる。

「珍プレー・好プレー」にとりあげられる選手は、毎試合、エラーをしたり、ファインプレーをしたりしているわけではない。乱闘もしない。そんなことは説明するまでもなく、プロ野球ファンはわかっている。わかっていて「珍プレー・好プレー」の番組を観ている。
 ノンフィクションや歴史の場合は、そういうわけにはいかない。

 資料を読めば読むほど、自分が導きたい結論にとって不都合な材料はいくらでも出てくる。
 そうした不都合な材料を入れようとすると、いくら字数があっても足りない。で、わかりやすくするために、企画の趣旨に合わない部分をカットする。その結果、珍プレーか好プレーか、そのどちらかに偏った内容になる。そうではないものを書いてみたいのだが、その書き方がわからない。